【対談コラムVol.2】トヨログさんと語る、渋谷『The SG Club』から学ぶこと

「これから飲食店を立ち上げる人」「飲食店の経営やマーケティングに悩んでいる人」必読!飲食業界に特化した経営支援のソリューション事業を展開するredishが、グルメインフルエンサーをゲストに迎え、“人気店の共通点”を導き出す企画です。

はじめに

こんにちは。レストランマネジメントソリューション事業を手掛けるredish株式会社です。
私たちは、「飲食店経営を豊かに」をビジョンに掲げ、マーケティング・ファイナンス・テクノロジーのノウハウを提供しています。そうして、飲食産業のアップデート・DX化を実現することで、飲食店が本業である料理とサービスに集中でき、世界がより豊かになることを目指しています。

本企画では、

・これから飲食店を立ち上げる人
・飲食店の経営やマーケティングに悩んでいる人

に向けた情報を発信。飲食業界に詳しい人物をゲストに迎え、顧客視点から「人気店の共通点」を紐解いていきます。今後の経営に役立つヒントを、一緒に探しましょう。

ユーザーの記憶に残るには?

第1回目に続き、対談相手は、年間2,000軒以上のレストランを食べ歩いているというトヨログさん。

第2回目となる今回は、渋谷の人気隠れ家BAR『The SG Club』を例に、ユーザーの記憶に残る施策について考えます。

リピートしたくなる仕掛けがある

トヨログ:僕が「また訪れたい」と思うお店として今回ご紹介するのは、渋谷にあるBAR『The SG Club』。他にも、『ゑすじ郎 (SGLOW)』『The Bellwood』『swrl. wine cocktail & kitchen』など複数のバーを同じエリア・渋谷に構えているお店です。

『The SG Club』系列は、奥渋・松濤・神泉など渋谷の中でも比較的落ち着いているエリアに生息する若者に慕われている印象です。また、アジア最高のBARアワード『ASIA’S 50 BEST BARS 2021』で3位にランクインしたことから、海外の方からの注目度が非常に高いと思います。お店の雰囲気も海外っぽさがありますね。

redish:具体的にどんな点が特徴的なのでしょうか?

トヨログ:『The SG Club』は、地下1階〜地上2階の3フロアに別れているのですが、全ての階でお店の雰囲気が違うのが面白いなと感じます。地下1階に訪れた人は、次は別の階に行ってみようと思うはず。シンプルにお店のコンセプトが3種あるので、リピートしたいと思わせてくれるんです。建物自体は外観からは“イケてる感”はわかりづらいのですが、中と外の雰囲気がガラリと変わるからこそ「隠れ家」っぽさが演出されている点も◎。

カクテルのメニューが秀逸なのも面白いです。例えば、『ゑすじ郎 (SGLOW)』の“貴族のハイボール”などネーミングにもこだわっていて、飲んでみたいと思わせる見せ方が上手!味が想像できないからこそ全メニュー制覇したくなるんです。お店の雰囲気も、ネーミングも、渋谷のトレンドに対する感度が高い若者(=ターゲット)を捉えているなと感じます。

違う業態の例も、応用して考えてみる

redish:redishのパートナー店は居酒屋業態が多いですが、ポイントを捉えれば、『The SG Club』のようなBARの事例も応用できそうですね。

トヨログ:例に挙げた「メニューのネーミングにこだわる」ことはあくまでも一例ですが、「エンターテイメント性のあるお店」は、ユーザーの記憶に残りやすいと思います。例えば、看板店員がいるお店とか。

これも『The SG Club』の例ですが、『The SG Club』を手がけるSG Groupの代表・後閑信吾氏は、 今世界で最も注目されるバーテンダーの1人。余談ですが、こういう方がいるお店は、集客だけではなく、自然と採用も上手くいくんですよね。実際に、SG Groupには有名バーテンダーが多数移籍してきてるのだとか。

redish:同じ渋谷エリアで複数店展開しているというのも、気になるポイントですね。

トヨログ:そうですよね。店舗展開を考えるお店は、複数エリアに別れてお店を構える例が多いように思いますが、SG Groupは渋谷の近しいエリアに4店舗構えています。同じグループですが、それぞれのお店の色が面白く、『The SG Club』は本格的な海外のBAR的な要素を持ちながら3フロアで違う楽しみがあったり、『ゑすじ郎 (SGLOW)』は居酒屋感があったりと、ちょっとづつ要素が違うんです。違うお店だけど、どの店舗も料理と一緒にメニュー名をSNSにUPしたくなるような、面白い工夫(=エンターテインメント性)がある。そのようにターゲットが気になるポイントを抑えていて、尚且つ同じ商圏だからこそ、応用ができている例だと思います。

redish:エリアが変わると、商圏に合わせてターゲットやコンセプトを立てる必要がありますから、お客さんを食い合わないコンセプトや使い方が出来るお店なら、同じ商圏で店舗展開するメリットは確かに多そうですね。

<POINT!まとめ>

・エンターテインメント性があるお店は、記憶に残りやすい!

・ターゲットが気になるポイントを抑えられていれば、同じ商圏で複数店舗展開する際に応用できる

飲食店に限らず、エンターテインメント性のあるお店は、確かに人の記憶に残りやすいですよね。「味」で勝負する以外にも、飲食店として人気になるためにできる工夫はたくさんありそうです。

今後もredishは、グルメインフルエンサーとの対談を続け、様々なジャンルの飲食店を例に人気店の共通点を探ります。次回、第3回をお楽しみに!

過去のトヨログさんとの対談インタビューはこちら
第一回 【対談コラムvo.1】トヨログさんと語る、人気居酒屋の共通点とは

<登場したお店一覧>

◆渋谷『The SG Club』
住所:東京都渋谷区神南1-7-8
電話:03-6427-0204
営業時間:[1F GUZZLE] 日〜木 17:00〜1:00/金〜土 17:00〜2:00
[地下 SIP] 日〜木 19:00〜1:00/金〜土 2:00
[2F SAVOR] 19:00〜3:00

定休日:不定休

◆渋谷『ゑすじ郎 (SGLOW)』
住所:東京都渋谷区神南1-9-4 NCビル 2F
電話:050-3173-0608
営業時間:17:00〜23:00(フードL.O 22:00/ドリンクL.O 22:30)
定休日:不定休

====================
「飲食店を開業したいけど何から始めたらいいかわからない。」「コロナで経営が伸びなくて困っている」飲食店の経営、開業についてはredishにお任せください。

redishは飲食店専門の会計事務所です。記帳代行、クラウドファンディング、経営サポート、融資、補助金・助成金など様々な業務に対応可能です。
今なら無料相談も実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

RECOMMEND おすすめのコラム

22.08.05

【客席を持たない飲食開業?】クラウドキッチンとは?

2022.08.05
  • # オピニオンコラム
  • # 飲食店開業

【客席を持たない飲食開業?】クラウドキッチンとは?

2022.08.05
  • # オピニオンコラム
  • # 飲食店開業

【飲食店経営】雨の日でも客足を維持するには? ~導入編~

2022.07.29
  • # オピニオンコラム
  • # 飲食店経営全般