1. redish HOME
  2. コラム
  3. 【Google マイビジネス入門】飲食店がやるべきGoogle マイビジネスとは?概要・メリット・活用方法

飲食店マーケティング

【Google マイビジネス入門】飲食店がやるべきGoogle マイビジネスとは?概要・メリット・活用方法

2021/06/16

「Google マイビジネス」というサービスをご存じでしょうか?

Google マイビジネス(GMB)とは、端的に言うと、飲食店や美容院から、薬局、病院まで、すべてのビジネス情報をGoogle上に登録、掲載できるサービスです。

今回は、

「そもそもGoogle マイビジネスって何?」
「Google マイビジネスはやった方がいいの?」

と思っている方に向けて、
「Google マイビジネスとは何か」
「どのようなメリットがあるのか」

など、Google マイビジネスの基本のキをお伝えしていきたいと思います!

1.Google マイビジネスとは

まずGoogle マイビジネスとはどのようなサービスなのか見ていきましょう。

Google マイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、さまざまなGoogleサービス上に、ビジネス情報を無料で掲載できるサービスのことです。

あなたも一度は、Googleで「近くの飲食店」や「六本木 レストラン」などと検索したことがあるのではないでしょうか?

その時、以下の写真のように、検索結果に出てくる店舗の情報、またはGoogleマップに出てくる店舗の情報が、まさにそのGoogle マイビジネスというものです。

そして、このように、Google サービス上に店舗を表示させるためには、店舗情報の登録が必要になります。

2.Google マイビジネスを導入することによるメリット

それでは次に、Google マイビジネスを導入することによって、どのようなメリットがあるのか。

ここでは3つのメリットをご紹介したいと思います。

無料で宣伝できる

なんといっても、1番のメリットはこれではないでしょうか。

Google マイビジネスは、食べログやホットペッパーなどの有料広告、いわゆるペイドメディアと呼ばれるものとは異なり、無料で情報を掲載、宣伝することができるオウンドメディアという分類になります。いわば、無料の広告なのです。

ですので、どの媒体で広告を出せばいいのか迷っている方、販促費を逓減させたい方は、Google マイビジネスの運用に力を入れるべきです。

効果が蓄積されていく

さらに、Google マイビジネスの運用次第では、効果が蓄積されていきます。

まず、店舗の基本情報を、正しく登録します。Google マイビジネスを見てご来店されるお客様も多いので、正確な情報を登録することは重要です。
※最近ですと、営業時間の変更が頻繁に起こっているので、正しい営業時間の登録を心がけましょう。

そして、来店したユーザーに、QRコードを用いて口コミを書いてもらえるよう、ご案内します。
その上で、店舗の強み、こだわりなどをお客様にお伝えし、「ステーキ」や「個室」などのお店の特徴にあったキーワードを含めた口コミを書いてもらえると、なお良いです。

なぜなら、Googleはweb上のあらゆる情報を収集し、収集した情報の統一性があるかどうかを評価するためです。

つまり、お店のホームページをはじめ、グルメサイト、SNS等、より多くの媒体にお店の情報があり、それぞれの情報が統一されていることで、Googleの評価が上がり、上位表示されやすくなります。

そして上位表示の結果、来客者数の増加につながります。

このようにして、来店者数増加→口コミ数増加→検索順位向上→来店者数増加・・・
という好循環サイクルが生まれます。

このようにして、Google マイビジネスの運用をすることで、効果が蓄積されていきます。

また、上位表示させる施策のことを、MEO対策やローカルSEOと言い、Google マイビジネスを活用していくうえで重要になってくるので、是非この機会に覚えておきましょう!

ユーザーとのコミュニケーションを図れる

三つ目は、ユーザーとのコミュニケーションです。

Google マイビジネスには、口コミ機能があり、さらにそれに対して返信することができます。
口コミによって、ユーザー目線の感想や、改善点などを知ることができ、今後の経営に活かせる情報を取得することができます。

さらに、良い口コミにも悪い口コミにも、それに合った正しい返信をすることで、リピーターや新規顧客の獲得にも繋げることもできます。

このように、ユーザーとやり取りすることができるというのもGoogle マイビジネスの魅力の一つです。

3.Google マイビジネスを始めるなら今しかない

この記事を読んでくださっている方は、多少なりともGoogle マイビジネスに興味を持っている方だと思います。
しかし、「今はコロナだからそれどころじゃない」「グルメサイトで十分だ」などの理由でGoogle マイビジネスを後回しにしてしまっていませんか?

ここでは、今すぐやるべき理由を大きく分けて2つご紹介したいと思います。
特に飲食店を経営されている方は、Google マイビジネスを始めるのは今がチャンスです。

それでは早速、その理由を見ていきましょう。

グルメサイトからGoogle マイビジネスへ

まず一つ目は、食べログやホットペッパーといったグルメサイトからGoogle マイビジネスへの移行が進んでいるというものです。

これについて詳しく見ていきましょう。

利用者が増えている

まずこちらのグラフをご覧ください。

これは、飲食店を検索する際に利用する手段に関する調査のグラフです。

このグラフを見ると、Google検索を選んだ人は48.3%から62.6%に増えているというように、ユーザーがお店を検索するときに、グルメサイトより上に表示され、最初にユーザーの目に届くGoogle マイビジネスが伸びていることが分かります。

そして、各店舗がGoogle マイビジネスに力を入れ始めれば、質が改善され、さらに伸びていくことが予想されます。

さらにもう一つグラフを見てみましょう。

これは、グルメサイトの利用、閲覧頻度についての調査のグラフです。

このグラフから、「減った」もしくは「利用しない」と答えたのが、19%から42.7%というように大幅に増えていることが分かります。

これらのグラフより、グルメサイトからGoogle マイビジネスへの移行が活発になっているということがいえます。

では、グルメサイトに比べてGoogle マイビジネスのどこがいいのでしょうか。

無料で信用度が高い

それは、グルメサイトと比較して、Google マイビジネスは無料で信用度が高いという点です。

グルメサイトが少し割高ではないかと思っている方も多いのではないでしょうか?
上記のメリットでも書いたように、Google マイビジネスは無料で掲載できるのが特徴です。

あまり集客に力を入れていない方も、無料ならやってみようと思えるのではないかと思います。

さらに、信用度というところでも、グルメサイトの衰退が見られます。
下のグラフをご覧ください。

これは、グルメサイトでの点数、ランキング表示の信用度についての調査のグラフです。
このグラフから、「信頼していない」と回答した人は、28.5%にも及ぶことが分かります。およそ4人に1人が信頼していないことになります。

こういった、信用度の低下、グルメサイトへの割高感が相まって、Google マイビジネスがグルメサイトにとってかわる存在になりうるということが分かります。

グルメサイトからGoogle マイビジネスへ移行の傾向、さらにはコロナ禍で経済的に厳しく、集客にあまりお金をかけられない今だからこそ、無料で信用度が高いGoogle マイビジネスを始めるべきではないでしょうか。

効果が蓄積される

今始めたほうがいい二つ目の理由は、効果が蓄積されるという点です。

先ほど述べたように、Google マイビジネスには効果が蓄積され、上位表示に繋がるという特徴があります。
したがって、長い期間やればやるほど、自ずと上位表示されるようになります(そのためには、詳細設定や口コミの返信などの作業も欠かせませんが)。

つまり、今始めれば、今からの効果が蓄積されていくということになります。
これを後回しにしてしまうと、他の店舗に先を越され、上位表示させるのが難しくなってしまいます。

このような理由から、Google マイビジネスは今すぐに始めるべきだということが言えます。

4.具体的な活用方法

ここまででGoogle マイビジネスのメリット、重要性はご理解いただけたのではないかと思います。

そこで次に、Google マイビジネスをどう使っていけばいいのか、おおまかな流れをご説明したいと思います。
大きく分けて3ステップになります。

①お店の情報を登録・開示

まず、お店の情報を登録して、開示する必要があります。

それには、「Googleマイビジネス」というツールを使う必要があります。

以下のリンクから登録をし、ビジネスオーナーであるという確認が取れれば、各機能が使えるようになります。
https://www.google.co.jp/business/

また、Googleやユーザーによってすでに店舗が登録されている場合もあります。
その時は、そのページから、ビジネスオーナー登録をして始めましょう。

そしてその後、住所や、営業時間、電話番号などの正しい情報を入力して、開示します。

②時短営業などの最新情報を更新、ユーザーとの交流

開示までできれば、次は、運用のフェーズになります。
主に行うことは、営業時間の変更や、期間限定メニューなどの最新情報の更新、そして口コミに対する返信です。

まず大前提として、Googleに情報を掲載するときには、「ユーザーファースト」の視点をもつことが重要です。というのも、Googleの検索アルゴリズムはユーザーの求めることを最優先にし、ユーザーの利便性・満足度が上がるよう設計されているからです。

ユーザーが何に困っていて、何を知りたいのかを常に考えて運用しましょう。

例えば、コロナ禍において、緊急事態宣言などの影響で時短営業をしている飲食店は多いと思います。
そこで正しい営業時間を登録することで、ユーザーの利便性を担保することができます

また、最新情報の更新や口コミへの返信は、twitterなどのSNSの投稿やリプライをそのままGoogle マイビジネスに活用することができるので、重くとらえる必要はありません。

③インサイトを見て改善

そして、Google マイビジネスではインサイトを見ることができます。(下図参照)

お店のサイトへ流入した際の検索キーワードや、閲覧数などを確認することができます。
このインサイトを基に、MEO対策、ローカルSEO対策を行い、自身のお店の情報を改善していくことで、さらなる上位表示が期待できます。

ざっくり説明するとこのような流れで活用していくこととなります。

しかし、口コミの返信や、集客に繋がる写真の見せ方、効果的なインサイトの使い方など、正しい運用をしなければ、もちろん上位表示は見込めません。

せっかく無料でできるツールがあるのに、上位表示されず、集客に繋がらないというのは非常にもったいないと思います。

そこで、弊社は飲食店に特化したGoogle マイビジネス運用のサポートをしていきます。
上位表示させるためのMEO対策はもちろんのこと、口コミの導線などのオペレーション設計までサポートし、よりGoogle マイビジネスを活用できるようにしていきます。

まずは、下記Googleフォームより、無料診断、無料相談からどうぞ!
無料診断、無料相談はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfTLP5TyNqVP6gDNptZbfqxoJfntQzMfObXIWt7FuPAyTZwag/viewform?usp=sf_link

5.リディッシュの強み

最後に弊社の強みをご紹介します。

大きく分けて3つあります。

飲食店特化、クラウドファンディングの実績に基づいたノウハウ

弊社は、飲食店に特化したクラウドファンディングで日本一の実績を誇っております。
(詳しくはこちら→ https://redish.jp/

この経験により、お店の強みの活かし方、見せ方・演出、さらには数値分析やキーワード選定などの専門的なノウハウを持っております。

このノウハウを基に、飲食店に特化した、飲食店にしかできないアプローチをしていきます。

WEB施策で終わらないリアルなオペレーションにまで落とし込んだサポート

ただGoogle マイビジネスを運用して、インサイトを見て改善するというだけでは絶大な効果というものは得られません。

そこで弊社は、口コミの導線設計や、返信サポートなど多岐にわたるサポートをしていきます。

今なら無料で診断します

現在、無料のGoogle マイビジネス診断を行っております!

どこがいけないのか、どこをどう改善すればさらなる効果が得られるのか、レポートにしてお届けします。

まずは、下記Googleフォームより、無料診断、無料相談からどうぞ!

無料診断、無料相談はこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfTLP5TyNqVP6gDNptZbfqxoJfntQzMfObXIWt7FuPAyTZwag/viewform?usp=sf_link

この記事に関連するタグ

お勧めのコラム記事

一覧に戻る